空の色、変化なし

楽しく描きます

発言を記録する=社会の理不尽に勝てる。

Kちゃんです。

発言の記録は時に自分を助けます。

私は基本的に報告や相談、指示を受けたりした際は相手、日時、プロセスをノートに記録します。


正直これで勝てます。

人は自分の発言を忘れてしまう傾向があります。

指示どおりに動いたのに、わけのわからない指摘を受けて怒られたり、ミスをなすりつけられたりという経験がある方もいるでしょう。


しかしそこでプロセスや発言を証拠として出せたら?

相手はどんどん黙ります。かつ逃げ道を潰すように淡々と説明すれば相手に勝てるでしょう。


私はこれで上司からの擦りつけや取引先の擦りつけを返り討ちにし、対応を180度変えさせました。

特にそのクソ上司たちのさらに上にいる上司の前で返り討ちにしたらもう相手は何も言えません。

そしてクソ上司の信頼は無くなり、クソ上司が無くした信頼はあなたに充てられます。


記録とは面倒くさいですが、時に自分を助けます。

本当に上司の対応も変わります。

是非やってみてください。


ある程度やってるうちに、ノート無しで勝てるようになるでしょう。

記録は自分を助けます。

暇なお休み〜フィギュア編〜

Kちゃんです。

戦う男のフィギュアが好きです。

特にメタルギアシリーズのフィギュアは買いまくってます。


そんな自分の最近のフィギュアブームはSHフィギュアアーツシリーズ。

ドラゴンボールベジータを最近購入です。


感動しました。

まさかここまで再現されていて、可動も素晴らしいとは。

まさにあのベジータです。

セルゲームのベジータです。

ビッグバンアタックもかっちり決まります。


ついでにスタンドも買いました。

ドラゴンボールは空中戦が多いです。

 今後は悟空も購入し、ライバル同士の戦いを再現してみたいですね。


ちなみに私は作りもします。

一時期フィギュアを作っていました。

作るも楽しい、飾るも買うも楽しいのがフィギュアですね。


オススメ趣味です。

力を抜く

力を抜きましょう。

Kちゃんです。


よく上司に言われました。

「仕事は早く正確に。ペース配分もよく考えてやれ」

人の集中力には限界があります。

そして、集中力には波があります。


その波をコントロールし、力を抜く場所は力を抜くのが大切です。

私はできていません笑


しかしうまく立ち回れていない上司の方を見ると、ペース配分が非常に下手に見えたりします。

入らなくていい場面で現場に入り、入るべき場面でタバコに行ってしまう。

情報量も少ない。

マジかと思うような論外なこともあります。

力を抜く場面は人を見れば意外にヒントがあります。


逆にすごい上司の方は全ての動きが絶妙です。

情報量も動きも絶妙です。

やはり人の動きにはヒントがたくさんあります。

たくさん真似しましょう。

そして力を抜いていく練習をすると、効率化が捗ります。


ちなみに私はスピードが必要で大切な仕事は朝にやっちゃいます。

現場を見ながらになりますが、現場を抜けられるタイミングが必ずありますので、そのタイミングで片付けちゃいます。

そのおかげですごく楽です。


力を抜いていきましょう。

暇な休み〜お料理教室編〜

男子ごはんの本 その9

男子ごはんの本 その9

休みは必ず私が料理します。

Kちゃんです。

今日はパエリアを作りました。

f:id:keichan0516:20170608195333j:plain


見てくれは悪いですが普通にうまいです。

なによりコストが安い。


スピード感を持って料理をすると、一仕事終えたような達成感に包まれます。

ちなみに昨日のお休みはキッシュを作りました。

f:id:keichan0516:20170608195418j:plain

写真、虫食いですいません笑

嫁もびっくりしてました。


まあ大体クックパッド楽天を使っていますが、ある材料だけでやるので最終的には我流になっちゃいます。

必要な情報を取捨選択して使う、料理と仕事は通じるものがあります。

私は仕事において情報が弱いですが…


仕事が早ければ料理する時間も取れます。

料理する時間が早ければまったりする時間も増えます。

なにはともあれ今日も嫁の笑顔が見れて幸せです。

来週はなにを作りましょう。

スピードを出せる環境

これだけ!  5S

これだけ! 5S

  • 作者: 川原慎也,響城れい
  • 出版社/メーカー: すばる舎
  • 発売日: 2013/08/22
  • メディア: 単行本

前回、仕事のスピードについてお話ししました。

Kちゃんです。


スピードのコツを掴んだら今度は環境です。

スピードの出せる環境とはなにか。

5Sが徹底された職場であるということです。


本来、5Sは工場や物流現場でよく見る言葉かと思います。

5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)

ですが、これは普段の仕事でも非常に重要なことです。


現場では道具や材料があるべき場所にあり、すぐに使える状況であることが大切です。

物を探す時間は一番無駄です。

だから5Sをしていく。

まずは2S(整理整頓)で生産性向上

次に4S(整理、整頓、清掃、清潔)で衛生面を向上

最後に5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)でサービス向上

5Sは単なる掃除イベントではありません。

無駄な時間を作らない、無駄な時間を削減する「業務改善」です


乱雑な机はまず片付けましょう。

無駄に取ってある書類はありませんか?

無駄に取ってある道具はありませんか?

使わないものは捨てて、使用頻度の高い物を近くに置きましょう。

無駄なものを机に置くのはやめましょう。


まずは整理、整頓です。

それだけで生産性が上がります。


是非やってみましょう。

仕事はスピード

「早く正確に」

が仕事の質だとよく言われてました、Kちゃんです。


仕事はスピードが大切だと最初はよく言われました。

「んなあほな、質が大切だろ」と思ってましたが、スピードも品質なんですよね。

私も仕事について今はかなりスピードもつきました。


現場応援がありますから、スピーディにやらないと自分の仕事が終わらないんですよね。

アホか。


とはいえなんだかんだ自分の仕事だけだったら定時で帰れるくらいに仕事はこなせてます。

コツは簡単でした。


すぐやりゃいいんです。

溜めずに、止めずに、すぐやりゃすぐ終わります。

嫌なことも好きなことも、すぐやりゃいいんです。

早くやって早く出せばそれなりの評価と信頼が来ます。


それに、時間をかければかけるほど、クオリティが求められるようになります。

早くやって出せばやり直しもアドバイスが入ってさらに上質になります。


これだけです。

期限をしっかり決めてできる仕事を早く綺麗にやりゃいいんです。

無感情に。


そうしたら信頼と評価が高まります。


あと心もスッキリします笑

ストレスも溜まりません。


このコツを掴んだら、あとは環境を整えるだけだと思います。